包茎手術は泌尿器科と専門クリニックのどちらが良いのか

包茎手術は泌尿器科と専門クリニックのどちらが良いのか

ビーフシチューの残りをアレンジ

今日の夕飯は、昨日食べたビーフシチューの残りです。

 

ビーフシチューといっても、ビーフは入っていなくて変わりに鶏ひき肉が入っています。

 

冷凍庫に牛肉のストックはあったのですが、ひき肉のほうを早く使い切りたかったのでひき肉を使いました。

 

ビーフシチューだけど大丈夫かな、と思いつつ使うと、ルーが優秀なので普通に美味しかったです。

 

賞味期限が近くて半額引きシールが貼られていたので買ったルーですが、高いだけあって美味しかったのでまた買いたいと思います。

 

それで、昨日作ったビーフシチューの残りを夕飯に食べたけれど、それだけでは物足りないのでチーズを入れました。

 

耐熱皿に入れてビーフシチューを入れてチーズを入れて焦げ目をつけるのが一番ではありますが、面倒だったので普通の皿にビーフシチューを入れてその上にチーズを乗せてラップでふたをして数分後食べましたが普通に美味しかったです。

 

今日は手抜き料理が目立ったので明日はきちんとしたものを作ろうと思いつつ、栄養を考えて食べていきたいと思います。

 

http://yedythe.exblog.jp/

 

それにしても、同じシチューでもホワイトソースとビーフではまったく味が違うけれど、何故シチューが付いているのでしょうか。

 

シチューの定義がいまいち分からなくなったので今度調べてみたいです。

 

包茎手術は泌尿器科と専門クリニックのどちらが良いのか

男性特有の悩みである包茎ですが、

 

きちんと治すのならやっぱり包茎手術をするのが最も良い選択なのではないかと思います。

 

包茎手術は基本的に泌尿器科と包茎を専門とするクリニックで行うことが出来ますが、

 

手術後の見栄えにあまり拘らないというなら

 

泌尿器科で包茎手術を受ける選択をするのもアリかもしれません。

 

真性包茎やカントン包茎といったものでも保険の適用内ですから、

 

専門のクリニックよりもかなり安価に手術をうけることが可能です。

 

 

ですが泌尿器科はあくまでも処置をするだけですので、

 

見た目に関してはあまり上手とはいえません。

 

また包茎手術を行っている件数が比較すると少ないので、

 

技術力に関してもあまり期待ができないケースがあります。

 

ですから本当に包茎を機能改善だけじゃなく見た目にも完璧を求めたいのなら

 

専門のクリニックに行くのが最良といえるでしょう。

 

専門のところでしたら年中包茎手術をしていますから、

 

手術テクニックに関しては相当な腕前を持っていますので、

 

かなり安心できるのではないかと思います。

 

また最新式の治療器や設備なども備わっているとことが多いですし、

 

患者さんのプライバシーをしっかり守ってくれるクリニックが大半ですから安心です。

 

多少高くなったとしてもこちらを選ぶほうがあとで後悔をしなくて済むケースが多いと思います。

 

 

 

 

 

20年前はレーザーよりもメスでの手術が正しかった

 

私は現在40代の男性です。

 

大学を卒業したその年に私は包茎手術をしました。

 

高校生の頃に包茎という言葉を知ったのですが、

 

その当時はそれは男性として非常に恥ずかしいものである認識がありました。

 

結構今では包茎のAV男優も多いくらいで、

 

男女ともにそれほど包茎蔑視の感じは無くなっているのかも知れません。

 

ただ、当時は包茎だと絶対に女の子に嫌われると聞いていましたので、

 

そういう大きなコンプレックスからか、とにかく女性に対して積極的になれませんでした。

 

結果、私は包茎手術を完了するまで彼女がいませんでした。

 

彼女いない歴が25年近く続いていたと思います。

 

大学生当時、同じ悩みを持つ友人がレーザーによって皮を焼き切るという手術をしました。

 

その手術跡を見た瞬間、私はゾッとしてしまいました。

 

レーザー手術は全く傷跡が残らない画期的な手術であるというふれこみであったはずが、

 

バリバリ傷跡が残っているのです。正確に言うとケロイドのようなやけどの跡が亀頭付近を覆っているのです。

 

しかし友人は包茎のままでいるよりもずっとマシだと言っていました。

 

私は当初の選択肢であったレーザー手術を諦め、メスで革を切ってしまう手術を受けました。

 

これがなんとほとんど出血もなく済んでしまったのです。

 

傷跡は多少残っているのですが、私自身、陰茎の構造を詳しく分かっているわけでもないので、

 

傷跡なのか、元々の構造上のものなのか分からず気になるものではありませんでした。

 

おかげで私は現在も現役でセックスライフを楽しんでいます。


ホーム RSS購読